旭川東高等学校東京同窓会

日時

2008年7月12日(土) 14:00~16:30

 

会場

ANAインターコンチネンタルホテル B1F プロミネンス

港区赤坂1-12-33(TEL03-3505-1111)

 

テーマ

「オリンピック」

 

当番期

東高30期・31期・40期

 

出席者

301名

 

記録写真

 >当日の写真はこちらで見ることが出来ます。

 

開催概要

 第45回旭川東高等学校東京同窓会の総会・懇親会は、7月12日に、新会場となる東京赤坂のANAインターコンチネンタルホテルで開催されました。

 今年の懇親会のテーマは、開催間近の北京オリンピックに因んで「オリンピック」。会場受付で渡された名札に付された国名プラカードの立つテーブルに分散して着席し、お好みのウェルカムドリンクを受け取り、猛暑で渇いた喉を潤しながら開会を待ちました。

 

 程なく司会の発声により総会・懇親会が始まりました。同窓会規約に基づき、先ず総会が行われ、安井会長から開催挨拶、中村事務局長から過去1年間の会務・会計報告が行われ、承認されて終了。直ちに懇親会に移り、ご来賓の、松野旭川東高等学校同窓会会長、木幡札幌突兀会会長、富樫旭川東高等学校校長他の方々にご挨拶を頂戴し、引続き旭中43期木幡東京同窓会相談役の乾杯の音頭で歓談に入りました。

 

 オリンピックは参加することに意義があるとは古い台詞ですが、今年の東京同窓会はこの台詞がぴったりの、300名の大台を初めて超えて301名に達する史上最多参加者が一同に集い、広い会場が埋め尽くされ熱気に満ち溢れました。特に今回、東京方面に在学中の学生会員が大勢参加されて平均年齢がかなり若返ったことは喜ばしい現象であり、来年も益々若人の参加者が増えることを期待されます。

 

 国旗テーブル集団単位でオリンピック競技に全員参加。種目は、旭川東高現役2年生への質問の回答数トップのワードを当てるクイズ。トップワードを択一してプラカードに記入掲示し、正解率に応じた得点が与えられ、約10問の合計点で順位が決められました。競技後の表彰式では、上位3チームに、金・銀・銅のメダルと賞品が授与されてオリンピックの幕を閉じました。今の高校生が何に関心を持っているかを垣間見るひと時でした。

 

 場内特設の旭川物産販売コーナーでは、ラーメン、こめ、トマト、木製品などの郷土の特産品や、シマレガンバレのロゴ入り風呂敷などが販売され終始賑わっていました。

 

 東高30期を主体とする当番期幹事さんの一年にわたる準備へのご尽力により、例年より30分長い二時間半の総会・懇親会も大盛況のうちにはやクライマックスを迎え、恒例の校歌斉唱、そして東高1期東京同窓会白倉顧問の音頭による一本締めで会を締めくくりました。

      ♪ 当番期幹事期の皆さん、本当にご苦労様でした。 (広報/徳田)